『国道5号線』を含むコンテンツ

手稲本町ってどんな街?

手稲本町


大きな地図で見る

全道で2番目の乗降客数を誇るJR手稲駅の南口から手稲山山麓沿いまでの一帯が手稲本町。(JRの線路の西側。線路の反対側が前田。)
ちょうど中間を国道5号線が走っています。

札幌市と合併する前の手稲町の中心地で、明治14年に軽川駅(手稲駅の旧名)が出来て以来、近隣の農産物などの集積地、札幌と小樽の中継地など交通の要所として栄えました。
しかし、駅の北口に区役所ができ、北口から広がる前田地区に大型店舗が増えたことで近年は少し地味な印象。

古くから出来上がった街だけに道路の広さや駐車スペースの問題など車社会の現代にどう適応していくか課題もあるように思われます。

伝統ある街の良さを生かしながら、新しい時代に適応していく、難しいチャレンジでしょうがぜひ乗り切って欲しい物、と思います。